交通事故

アクセス

ギックリ腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 前屈みになると痛くて少ししか曲げられない
  • 寝返り時に痛くて目が覚める
  • 立ち上がる時にギクッと痛みが走る
  • 朝腰が重くて布団から出るのがつらい
  • 仕事や家事で座りっぱなしだと腰が重だるくなる

ギックリ腰はなぜ起きるの?|山本鍼灸接骨院

腰は身体を支える大切な要です。しかし多くの方が、ギックリ腰や坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など腰の症状で悩んでおられます。

突然腰に激痛がくるギックリ腰の多くは、知らない間に蓄積した骨盤・骨格の歪みです。 同じ姿勢を長時間取ったり、運動不足や歩行不足で上半身を支える腹筋や背筋の力が低下したりすることで、姿勢の歪みにつながりそれが、神経や筋肉の血流に問題を起こしてしまい痛みになってしまったと考えられます。

日常生活の体の使い方やクセにより、徐々に歪みが作られていきます。

日常の動きで腰に負担をかけ、歪んだ状態で筋肉を使ってしまって、多少痛みや違和感があっても放置していると、それが限界に来た時に、突然強烈な痛みが走り、ギックリ腰を発症して動けなくなってしまいます。

ギックリ腰を放っておくと|山本鍼灸接骨院

ギックリ腰は骨の歪みや筋肉に原因がありますから、一時的に薬で痛みを抑えても、また再発します。原因を解決せずに無理して動いてしまうとさらに悪化し、坐骨神経痛を併発してしまうこともあります。
坐骨神経痛になるとお尻から足まで痛くなり歩行困難になったり、足がしびれで麻痺してしまったりといったことも起こり、日常生活が困難になる事もあります。

当院のギックリ腰の治し方|山本鍼灸接骨院

当院では、まず時間をかけて問診します。その後、重心が左右どちらにかたよっているか検査し、骨格・関節・筋肉のチェックによって、根本原因を探します。

これは、患者様によってギックリ腰の症状が違うためです。動くと痛いのか、常に重だるいのか、温めると楽になるのか、季節によって痛み具合が違うのか。こういったことを身体を診てしっかり把握することによって、患者様の身体に負担を与えているトラブルをみつけだし、どのようなアプローチで改善を促すのか方針を決めます。

このように、患者様一人一人の原因をしっかり掴み、最適な治療をすることで、腰の筋肉にかかる負担が減っていきます。また、血流が改善して、疲労物質がスムーズに排出されるようになります。そうすると、痛みに悩まされることのない毎日が送れるようになっていかれる方が多いです。

当院では丁寧な問診と触診で正確な原因を掴み、それに合わせた治療をご提案します。痛みを一時的に取るのではなく、根本的に改善することで、腰痛が再発しない健康な身体へと導いていきます。

ギックリ腰の再発を繰り返している方は、患者様に寄り添う治療で定評がある当院にぜひご相談ください。

ギックリ腰でよくある質問|山本接骨院

Q、ギックリ腰ってお風呂で温めてもいいの?
A、ダメです。
急性の腰痛は炎症がきつい状態です。その時に温めてしまうと痛みがドンドン強くなったり、痛みがなかなかとれなかったりします。ご自身で判断せずご相談ください。
→炎症とは、患部が赤く腫れたり熱を持っていて、疼痛がある徴候です。

Q、通院ペースはどのくらい?
A、だいたいきつい痛みは1週間で落ち着いてくると思います。その1週間の間はできるだけ間隔を空けずに通院していただき、よくなったら身体の状態に合わせてペースを減らし経過を追っていきます。

各院のご案内

なかもず院

電話・時間

アクセス

おおとり院

電話・時間

アクセス

はつしば院

電話・時間

アクセス

さかいし院

電話・時間

アクセス